引越し料金

インターネットから交渉

インターネットなどでも引っ越しで必ず使える値引き交渉テクニックがありますが、実際に経験して見たなかで最も効果的な値引き交渉は、「見積もりを3社」とることだと思いました。見積もりを取るのは正直とても面倒なことだと思います。

 

営業の電話に対応するのも、時間を割くのも時間がかかります。しかし、業者が同じ時間の査定にしても全く問題はありません。むしろ、一回で済むのでこちらとしてはかなり面倒さがなくなります。

 

実際に私も見積もりを取る時に三社にお願いし、同じ時間帯で見積もりに来てもらいました。実際には4社お願いしたのですが、1社同じ時間帯での見積もりは勘弁して下さい、といわれたのでその業者はもうそこで却下にしました。そして、見積もりをとるとおもしろいほどに価格がバラバラになります。高い安い、いろいろありますが、ものの相場ばわかります(例えばエアコンの取り外しなどがいくらなのか、ダンボールやハンガーラックなどがいくらなのかなどなど)それを見てからの値段交渉をすると、「A社はこれが○○○○円なので御社のほうが高い」などと交渉していくとどんどんと値引きがされていきます。

 

細かい見積もりを取るからこその値引き交渉テクニックとなるので、面倒ですが3社ほどの見積もりを取ることをお勧めします。

 

出展:引っ越し激安 by icas2010.com

いざ出発 マイホームへ

結婚後は3DKのアパート住まいだったのですが、子どもに二人恵まれ今のアパートの広さでは狭いのと、長男が幼稚園へ入るまでに永住の地を探したかったため、一戸建てへの引っ越しを決意しました。

 

愛知県内への引っ越しでしたが、豊田市から緑区までで料金のほどは10万円前後でした。荷物量はダンボール12箱分くらいだったかと記憶しています。インターネットで業者比較サイトに登録したところ、わずか1分くらいで5,6社から見積もり予約の電話がかかってきました。

 

あまりの早さに驚きました。3社のみ予約を取り、実際に日付時間をその場で決めました。3社の見積もりとサービス内容で決めさせていただきました。うちは子どもがまだ小さかったたため、引っ越しの手間を少しでも短時間でできる、というサービス内容に重きを置いたため、タンスの中身をダンボールに詰めずそのまま持ち運びしてもらえるサービス内容がある業者を選択しました。1週間前にダンボールが届くはずが来ないため、電話して急いで届けてもらったというトラブル以外は問題なく、滞りなく引っ越しはスムーズに進みました。

 

業者のスタッフの方達は3人のチームで来ていただき、てきぱきと作業をこなしていただきました。大事な書類を我が家へ忘れて行ってしまい、後で業者に電話をして取りに来ていただいたという小さなミスはありましたが。

 

礼儀正しい頼もしいスタッフの方達でした。まだ寒い2月の引っ越しでまだエアコンも設置していなかったため、子ども達は実家へ避難させ、夫婦二人2日間がかりでだいたいの荷ほどきが無事完了しました。

 

以前住んでいたアパートの3倍ほどの広さ、庭に子ども達の顔は笑顔でいっぱいでした。初めて家族4人で寝る、木の匂いの香る和室は、今でも鮮明に覚えており良い思い出になっています。

 

引っ越しが終わりもう4年経過しましたが、家族みんな幸せに引っ越し先で暮らしています。いつかまた引っ越しをする際は、またあのスタッフの方達に会いたいな、と密かに思っている私でした。